ブログパーツ

2009年09月27日

トリノ・エジプト展−美の遺産−

外国為替証拠金取引の外為市場を離れ、シルバーウィーク連休明けの木曜日に、『門外不出のツタンカーメン』を見に東京都美術館へ行ってきました。
トリノ・エジプト展 −イタリアが愛した美の遺産− オフィシャルサイト

当日券とパンフレット
当然ですが、美術館内は全面撮影禁止。

流石に世界屈指の古代エジプト・コレクションを誇るだけあって、出品されている大型彫像や彩色木棺、装飾品を肉眼で見ると、圧倒されますね。

石灰岩の彫像や彩色木棺などの細部は荒削りなのかと思っていましたが、よ〜く見ると、見事なまでに手が施されていました。
何世紀も前の時代に『どうやってここまで綺麗に?』と考えさせられます。

装飾品では『牡羊の頭の首飾り』が美しく印象的でした。
まさにイタリアが愛した美の遺産。

ミイラの作り方なんかも勉強になりましたが、立ち止まる人は皆、文面の途中にある一文で、顔を歪めていました。私もその一人ですけど…。

お土産のA4クリアファイル
画像は記念に購入した『アメン神とツタンカーメン王の像』のクリアファイル。

外国為替証拠金取引の外為市場では、個人投資家の存在は小さなものかも知れませんが、小さいながらも日々トレード技術を磨き、華麗なFXサヤ取りが出来るように、努力していこうと改めて思いました。
時々美術館へ足を運び色々なものを見ると、世界観が変わりますね。



posted by Zaki at 17:53 | Comment(0) | FX時々美術館
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。