ブログパーツ

2009年12月17日

外為市場とデンマークカクタス開花

外国為替市場関係者の多くが注目する米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明文発表が、今朝方の4時頃にあったようですね。
毎度のことながら気にしていないので、そんな時間は寝ていますが…。

デンマークカクタス開花

以前、つぼみの写真を載せたデンマークカクタスが、ようやく開花しました。
綺麗なピンク色で、『花びらが開く』と言うよりも、『花びらがめくれる』と言った感じに近いです。

デンマークカクタス接写

このままずっと綺麗に咲いていて欲しいものですが、散ってしまえば次に自然開花するのは1年後…。来年も綺麗に咲いてくれるかな。

外国為替証拠金取引の外為市場では、ドバイ首長国の信用不安に始まり、ギリシャ国債格下げ、オーストリアの銀行の経営不安説と連鎖的に続いていますね。
昨年のリーマン・ショックの余波なのか?
それとも新たな火種なのか?

いずれにしても、欧米の機関投資家がクリスマス休暇に入る前ですから、資金管理はしっかり行なっておきましょう。



posted by Zaki at 17:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 外為市場時々景色
この記事へのコメント
さやどりって
豪ドル/スイスフランの売買とどうちがうんでしょうか。
Posted by yosokuya at 2009年12月23日 07:22
yosokuyaさん 始めましてこんばんは

@豪ドル/日本円の買い
Aスイスフラン/日本円の売り
B豪ドル/スイスフランの買い

これらのポジションを同時に保有し、
1ヵ月後、2ヵ月後に
@+A=Bとなるかどうか
御自身の目で確かめてみると良いと思います。
Posted by 外為サヤ取り研究室Zaki at 2009年12月23日 17:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。