ブログパーツ

2010年02月11日

日本国の借金871兆5104億円

外国為替証拠金取引の東京市場は、建国記念の日で休場ですね。
今朝はトレードもなく、ゆっくり日本経済新聞に目を通していると、財務省が昨日、『日本国の借金』が総額で871兆5104億円に達したと発表したとか。

日本国の借金は国債と借入金、政府短期証券を合わせた債務残高の総額で、国民一人当たりの借金は約683万円。
2010年度末には約973兆円に膨らむと財務省は見ているようで、今後も国民一人当たりの借金はうなぎ上り。一体どこまで増え続けるんでしょうか…。

スタンダード・アンド・プアーズ(米各付け会社)は、1月に日本国債の格付けを『安定的』から『引下げ方向(ネガティブ)』へと変更。
経済危機対策のための国債増発が、借金残高拡大の主因ですが、足元を見ても景気が回復に向かっている兆しは、一向に見えません。

現在はユーロ圏のギリシャ、ポルトガル、スペインの財政悪化が懸念されていますが、いづれ市場から日本の財政悪化も取り沙汰されるのではないでしょうか。

posted by Zaki at 15:47 | Comment(4) | TrackBack(0) | 為替サヤ取り日記
この記事へのコメント
日本の債務の96%は、日本国内から。日本国の借金は日本国の誰かの資産です。国内で資金が回っている限り、いくら膨大になっても問題ないです。なんで日本がこんなに国内債務があるのに、ギリシャみたいに騒がれないのでしょうか。この手の問題は、海外からの債務があるから問題になるのです。
Posted by at 2010年02月11日 16:34
貴重なコメントありがとうございます。

日本の債務は96%が、誰かの資産なんですか。
債務不履行に陥る可能性が、限りなく低いと言う事なんですね。
教えて頂き、ありがとうございました。
Posted by 外為サヤ取り研究室Zaki at 2010年02月11日 17:26
× とりだたされる
○ とりざたされる(取り沙汰される) ・・・だと思います。

・新世紀のビッグブラザーへ blog
http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi/folder/478228.html?m=lc&sv=%BC%DA%B6%E2&sk=1

この人の理論ですと、日本政府は国内で借金をしているので、政府の借金は、
そのまま国民の資産になるので国全体の資産は変わらない。
・・・ということですが、本当にそうなのでしょうかね。
バランスシートの上ではその通りですが、お金は無駄使いすると価値が消えてしまいますから、
民主党の過去最高額の国債には大いに不安があります。
Posted by とめ at 2010年03月10日 08:06
とめさん こんにちは

ご指摘ありがとうございます。
修正しておきました。

確かに少子高齢化が進む国内に、いつまで頼っていられるのか?
と言った疑問は残ります。

将来の増税やハイパーインフレなど、私も大いに不安があります。
Posted by 外為FXサヤ取り研究室Zaki at 2010年03月10日 13:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。