ブログパーツ

2010年03月14日

ユーロ米ドルの売買高が活発化

外国為替証拠金取引の先週末は、ユーロ日本円通貨ペアが一時125円台の高値まで上昇しましたが、終値ベースでは125円台を維持できませんでしたね。

東京外為市場では2月の銀行間通貨取引で、ユーロ米ドル通貨ペアの売買高がユーロ発足(1999年)以来、初めて米ドル日本円通貨ペアの売買高を抜き、売買高トップとなりました。(先物などのデリバティブは含まず)

やはりギリシャ・ポルトガル・スペインの財政悪化により、投資家心理が不安となり、ユーロ米ドル通貨ペアのトレードが活発化したのではないかと…。

外国為替市場で、ユーロ日本円通貨ペアはこのまま上昇し、125円台の新値を切り上げていくのか?
それとも再び、直近最安値の119円台を目指し、レンジ相場となるのか?
今週もFX投資家の関心は、ユーロ絡みの通貨ペアに向けられそうですね。

posted by Zaki at 08:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 為替サヤ取り日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。